テレワークネット|業界向けサービス

各業界向けサービス


テレワークネット製品の
使われている分野

 

各業界向けサービスの概略

本社支店間会議
2017年に制定された「働き方改革関連法」では時間外労働の上限の見直しや長時間労働の是正など働き方改革が推進されており、労働現場での生産性の向上が大きな課題となっています。業務の中で大きな割合を占める「会議」ですが、その事前の準備から当日の参加に至るまで多くの時間と労力が必要とされ生産性の向上が阻まれます。そこで注目されているのがWeb会議システム。Web会議システムは、会議運営の「ムダ」の削減、生産性の向上をどのように実現するでしょうか。

金融・フィンテック
概略
教育
概略
インサイドセールス
現在政府により長時間労働を防ぐための「働き方改革」が進められています。営業活動においても「働き方改革」に取り組まなければなりませんが、日本において営業活動といえば、「外回り」「飛び込み営業」など実際に企業を訪問する「時間のかかる」「足で稼ぐ」ものという大変強いイメージがあります。そのため、営業職の「働き方改革」は非現実的だという見方もあります。一方米国では従来の日本のような「外勤型営業活動」(フィールドセールス)に加え「インサイドセールス」と呼ばれる電話やメール、オンライン(Web)面談システムを使用した内勤型の営業活動も長年行われてきました。日本でも最近注目を集めている「インサイドセールス」。「インサイドセールス」とは何なのでしょうか。

テレワーク
2018年6月に成立した働き方改革関連法(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)が、2019年4月から順次施行されています。その大きな柱のひとつは「長時間労働の是正・多様で柔軟な働き方の実現」ですが、「柔軟な働き方」として注目されているのが「テレワーク」です。2020年までに、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上」とする政府目標が設定されていますが、テレワーク導入にあたりWeb会議システムがどのように役立つか見てみましょう。
人事・採用
日本では入社試験、採用業務や人事評価のための面接面談は直接会って行うのが一般的でした。しかし最近では直接会わずにオンラインで行われる「Web面接」「Web面談」が普及しつつあります。実際、マイナビによる調査では、面接経験者のうちWeb面談を受けた人の割合は2019年卒の場合11.5%、2020年卒の場合20.2%という数字になり、1年で倍増しています。少子高齢化による労働力不足対策として、今後は幅広い人材を募集するためオンライン(Web)面接を行う企業が増えていくことが予想されます。
コールセンター
概略
遠隔医療
概略
ペーパーレス
デジタルファースト法が2019年5月24日、参院本会議で可決成立されました。これにより今後行政手続きが原則電子申請に統一されます。さらに政府はこの法を土台に社会全体のデジタル化を進める方針ですので、民間企業でもデジタル化、ペーパーレス化に進むことは不可避です。業務の中で大きな割合を占める「会議」ですが、多くの時間と労力が必要とされる資料作成配布から開放してくれるのは、ペーパーレス会議システム。ペーパーレス会議システムなら会議資料に関連する「ムダ」の削減、生産性の向上を実現できます。